こんにちは。オリジナルブランドマイスターのあきです。

今日はオリジナルブランドを構築する方法とは少し外れますが、オリジナルブランドを立ち上げた後や、せどりの商品を広告コストを抑えながら長期的に安定して販売する方法をご紹介します。

なぜこのタイミングなのかは後述しますが、早くにお伝えすべき内容で、あながもしまだ手を付けていないのならすぐに実施するべき内容だからです。

それは注目されている自社サイトでの販売です。

AmazonやYahoo!では出店料や手数料などが引かれる分、自分たちのサイトで買ってくれれれば同じ商材、同じ金額でも利益は大きくなります。

自社サイト&SEOについては1記事で書ききれる内容ではないので、記事をわけて連載をし、説明していこうと思います。

改めて自己紹介とSEOの実績

私はオリジナルブランドの構築と販売も行いながらブライダル関連サービスにおいても自社サービスを開発し、新郎新婦に直接商材を提供するビジネスも行っています。

そのために使用しているのがオウンドメディア(自分たちの運営するメディアブログ)を運営し、自社サービスに流し込み、成約に至っています

何故始めたかについては後述するSEOを活用するメリットで触れますが、1年で約20万PVにまで成長しています。

たった20万PV?と思うかもしれませんが、結婚式について調べる人は他の商材を調べる人(検索量)よりも圧倒的に少ないのです。

こちらの画像はGoogleAdWordsのキーワードプランナーをつかって、月間の検索料を教えてくれるサービスの結果です。

こちらを見るといかにせどりや他の商材と比較して集めるのが難しいのがわかるかと思います。

逆にうと他の記事で紹介したようにiPhoneやDysonなどの付属品を狙いにいく正当さにも気づくかとおもいます。

このブログメディアのお陰でブライダルサービスも広告なし、法人営業なしのブログ経由の発見流入のみで月収60〜100万円近くを安定して販売しています。

そもそもSEO(検索エンジン最適化とは)

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)とは日本語で、検索エンジン最適化と呼ばれますが、一言で言うとGoogleの検索エンジンの仕組みに対してHPなどを最適な形(一番評価される仕組み)を目指すことだと想っていただいて結構です。

日本ではGoogleとYahoo!が2強ですが、Yahoo!も内側ではGoogleエンジンを採用しているので、検索エンジン最適化=Googleでできるだけ、1ページ目の1番上に表示させるための努力やテクニックだと思ってください。

SEOは専門業者が何社も存在し、Googleのサーチエンジンの仕組みを研究しながら対策を打ち、上位表示をしようとしているわけです。

人が作ったものに対して、お金と人をかけて研究するのもお金のためとはいえ不毛な気もしますが、SEOの本質はGoogleの目線に立つことです。※これについては長くなるので、別の記事でまとめます。

なぜせどりやオリジナルブランドを展開するのにSEOが重要なのか

そもそもAmazonやYahoo!で販売しているのに、自社サイト&SEO集客で販売することが重要なのか、何がメリットなのかお伝えします。

他社のプラットフォームに依存するのは大きなリスク

AmazonやYahoo!ショッピング、楽天、フリマアプリなどは購入者にとっても出品者になっても非常に便利になっています。

出品すれば沢山の人がモールに訪れ、成約に至っていると思います。

しかし、

  • 売上の90%がAmazonで、Amazonが撤退した、もしくは新古品事件のようにルールが代わって販売が難しくなった
  • 500円で仕入れ、Amazonで1,000円で販売し、手数料を300円払っていたのが手数料が200円の値上げが起こったら?

モールに依存するということはモールの決定や生存に自分の懐が左右される。そんなリスクがあります。

しかし、Amazon、Yahoo!、楽天、自社サイトがそれぞれ利益がほぼ同じくらいの場合、最悪上記のような状況になったとしても一気に売上がなくなることはありません。

これは本業でも副業でも売上や利益のポートフォリオを組むことは安定して売上を伸ばすための重要な施策となります。

その他にも自社サイト&SEO集客のメリットはたくさんあります。

  • メディア記事は消えない:資産になり集客機能を果たし続ける
  • AmazonやYahoo!などでいきなり検索する層以外も刈り取れる(製品の口コミや体験談検索者からの購入など)
  • 時間はかかるが、広告費が抑えられる:Googleのリスティングやモールの広告は販売実績としての後押しにはなりますが、広告費は垂れ流しになります。

一方での自社サイト&SEOの弱み

自社サイトSEOの最大の弱点は立ち上がるまでに非常に時間がかかる点です。

よく10日間で何万PV行きました!なんていうはてブの記事も見かけますが、オリジナルブランドや自社ECサイト、自分のページへの検索流入が入ってくるのは半年以上、1年程度は見ていてください。

この点についてはリスティング広告やバナー広告などの効果スピードに大敗します。

しかし1年間コツコツと我慢していけば、リスティングなど使わなくても勝手にユーザーが買ってくれる。しかもモールへの手数料も払わずに売れ続ける。そんな世界が待っていると思ってコツコツと進めてほしいです。

自社サイトのSEOは並行して準備を

先程も説明しましたが、SEOは効果が出るまでに半年以上の期間と作業のコストが発生します。そのため、他のモールで危機が起こってからでは遅いです。

できれば今モールで販売をしている人はもちろん、これからモールなどに出品しようとしている方、オリジナルブランドを構築しようと思っているかたは今すぐにでも開始してください。

理想としてはオリジナルブランドとせどりの両軸販売のように、スタートから半年・1年ほどはAmazonのスポンサードリンクやYahoo!の広告を活用しながら売上を立てなげながら、メディアを育て、自社での売上が伸びたタイミングで有料広告を減らす(もちろん利確できるのであれば広告は継続OK)するような形に仕上げるのがベストでしょう。

実際の開始するらめの方法についてはまた次の記事でご紹介いたします!