既に副業をされている皆さん、お客さんとの決済サービスはどうしていますか。

最近では個人のスキルや自家製の商品、特技などを売買するマーケットも拡大していますが、意外に困るのが決済サービス。

ECモールなどに出店している場合はそのもーるに依存することもできるがかなり高い手数料を払っていることになっていると思います。

そこでそんなサラリーマン副業やフリーランス、個人事業主の強い味方になるであろう決済サービス「AnyPay」についてご紹介します。

AnyPayとは?

anypay1

このサービスをサラリーマンやフリーランスや個人事業主でも簡単に利用できる決済サービス。何が簡単かというと

簡単に登録できる

私もやってみたところ、一分どころかFacebookでログインした結果20秒ほどで終わり、逆に焦りました。

個人事業主でカード決済を導入しようとすると銀行口座情報の取得や登記簿謄本が費用になったり、と非常にめんどくさかったのに。。。

anypay2

 

初期費用・月額費用無料

初期費用や月額費用が不要なのは、もちろんコスト安は大きなメリットであるが、スポットで出費したくない、毎月お売上も安定しない個人の悩みにもマッチしていますね。そもそも初めて副業や個人でやるときにそもそも売上がわからないのにいきなり数万もかけて決済サービスの導入なんて怖くてできません。

お客様との決済が楽

こちらは一応AnyPay内でのショップを作ることもできるのですが、こちらはまだ磨き中といった感じが否めないです。。。

が、商品を登録し、そのURLやQRコードを送るだけでお客様への決済の案内は完了するので、例えば他のサービスやリアルでの取引相手にたいして、AnyPayで発行した商品ページで決済してもらうことも簡単にできるようになりました。

anypay3

実際に筆者が登録してみた

1.まずはここから会員登録

anypay4

右上の会員登録ボタンからスタートです。
anypay5

こちらが会員登録画面。

決済サービスとは思えないほど簡略なものとなっていますね。

私はFacebookで登録を開始したので、その後FB側で認証画面が入り、気づいたらもう会員ページにログインしていました。

この手軽さであれば昼間忙しいサラリーマンの方々も手間なく解説することができますね。

ユーザー画面

ユーザー登録が完了し、ログインしていただくと下記のような画面になっています。見た目は流行りのフラットデザインでシンプルでわかりやすいなぁという印象です。

これなら普段ECショップ等に慣れていないサラリーマンの方でもとっつきやすそうです。早速画面右上の「+新しい商品を登録」から販売したい商品を選びましょう。

anypay6

 

商品登録画面はこんな感じ

anypay7

商品画像の登録は一枚だけです。

私がたった一枚の登録画面ですが、わかりやすくてなおかつ便利です。

文字が潰れていて見づらいかもしれませんが、カテゴリーは現状「物販」「ダウンロード商材」「サービスチケット」3点。だいぶざっくりしたカテゴリーわけですね。

ですが、「ダウンロード商材」「サービスチケット」などを設定しているところみるともしかしたら決済完了後にダウンロードページにリンクが飛んだりなどの機能があるのかもしれません(未確認)

もう一つ驚いたのでが、サブスクリプション販売も可能になっていることなんですね。

つまり、Huluなどの用に月額でいくらのような設定と請求(今回の場合は毎月請求してくれる)今までありそうでなかったサービスです。

これでサラリーマンの方々でも毎月サブスクリプションモデルでの副業も可能になりますね。自分の好きなもの/極めているものを毎月キュレーション×サブスクリプションで送るのはいかがでしょうか。

最後ですが、商品ページとお店ページの画面も参考までに貼っておきます。

おそらく決済機能に重きをおいているので、お世辞にもすごい使いやすい!きれい!とは言えませんが、その他の機能が非常に素晴らしいので、気にせずに要られます。

個別商品ページ(画像はサンプル)

 

 

anypay8

下記は店舗内一覧

anypay9