※こちらの後編になります。元サラリーマン社長の副業から独立までの軌跡−前編−

「元サラリーマン社長の副業から独立までの軌跡−後編−」ではサラリーマンとしての副業なのになぜ会社を設立したのか。

そもそも私がサラリーマンとして働いていた会社では社則に副業が禁止されているとの規定がありました。調べたところ、事業所得として20万円以上の利益が出る場合は確定申告を行わないといけないらしいので、このままでは所得申告しないとやばい・・・

よく言えばノウハウはなく、始めた副業もしっかりと黒字になっていました。それは非常にうれしいことなのではありますが、正直「どうしよう・・・」という気持ちでした。

脱税は絶対にしないけど、所得申告したらサラリーマンとして働いている会社にバレる・・・ということで、どうせ将来起業をしようと思っていたので、会社をつくってしまえ~ということで勢いで会社を設立しました。

収益は私が本当に独立したときのためのプール資金として貯めていました。なので、当時は私個人の収入はサラリーマンとしてのお給与のみです。私にはこれからあげる選択肢はなかったですが、下記方法を取ればサラリーマンの方でも所得申告をしなくてもよいので、ばれるリスクは軽減できるかもしれません。

サラリーマンとして副業を禁止されていてもいろいろ抜け道はあると思いますので、模索してみてください。※ただあくまでも自己責任でお願いしますね!

  • 父や母の名義で所得申告をする
  • 奥さんがいれば、奥さんを個人事業主もしくは法人を設立する

etc

おまけ:サラリーマンが副業して会社にばれるとき

JennyDesseブランドの立ち上げから起業までの経緯

サラリーマン副業からの会社設立までは順風満帆で進んでいきましたが、ここにきて落とし穴がありました。

私にプロダクトを卸し始めてから2~3ヶ月後に、サラリーマン副業のきっかけとなったA会社でも再度Amazonへの出店が許可されたため、弊社に販売してもらえる数量が徐々に減りはじめ、A氏のAmazon店再開からおよそ半年後には最終的には全く販売してもらえないという事態に陥ってしまいました。。。

そこでどうしたもんだと考えたところ、自分でECを運用してたまったノウハウに対する自信と、サラリーマン副業時代にプールしていた資金を使い自社でも同様の展開を図るべく、主に販売していたスマホケースを中心に海外の生産工場を見つけ、自社オリジナル製品を作ることに致しました。

やはりこういった生産工場とのやり取りや支払サイトはサラリーマンとして商社で働いていた経験も存分に生きていると思っています。幸い生産工場を見つけることができたので、次の施策として商標登録、JANコードを取得し自社ブランド“JennyDesse”を立ち上げることにしました。

※JANコードとは

JANコードは、商品用の流通コードとして商品などに表示され、
コンビニエンスストアやスーパーを中心に広く利用されているPOSシステムで活用されています。
JANコードは、国際的にはEANコードと呼ばれ、アメリカ、カナダにおけるUPCと互換性のある国際的な共通商品コードです。
(JANコードは、日本国内のみの呼び方であり、海外ではEANコードと呼びます。)

  • ※ JANコードは、JIS-X0501で規格化されていましたが、2004年にEAN/UPCが規格化されたことから、
    現在は、JIS-X0507 バーコードシンボル-EAN/UPC-基本仕様に包含されています。
  • ※ JAN=Japan Article Number  EAN=European Article Number UPC=Universal Product Code

ph01

テキスト、画像共にバーコード講座様より

Amazonにおいて、商標登録・JANコードを取得することは、相乗り出品の防ぐために有効な方法であったので、海外輸入でこれから商売を開始する方は、是非商標登録・JANコードの取得をしてみてください。万が一相乗り出品されても、商標登録されていることで比較的腰の重いAmazonのサポートセンターも動いてもらえます。

※Amazonの相乗り出品とは

基本的にAmazonでは1商品を何個も掲載せず、一つの商品情報に対して複数の出品業者から選べるような仕組みになっています。例えばソニーの32型テレビの1つの型番があったとします。Amazonにはその型番は一つしか掲載されず、それを買おうとしているユーザーはソニーのその方のテレビを販売している業者から価格が安かったり、発送が早かったりする業者を選ぶ流れになっています。つまり、競争が起こってくるのです。

と後編の最終章にするつもりだったんのですが、長くなったしまったので次回自社ブランドを持ってからの苦戦や苦悩、そしてそこからの成功体験についてお話させていただきます。