結婚式代行についてご存知でしょうか。サラリーマンの方々はどなたかの結婚式に参列されたご経験もあるかと思います。世の中には夫婦で結婚式をあげるときに夫婦間での友達の数の比率が合わないときやはたまた友達がほとんどいない。。。なんてときに密かにニーズのあるサービスだそうです。

今回はこちらの賛否両論(?)ある結婚式友人代表をサラリーマンにとって副業として検討してみました。

まずは気になるサラリーマンが副業した場合の収入

様々なサイトによる総合的な判断をすると東京では披露宴の参加で6,000円から10,000円強が相場の様子。更に余興をする、受付業務、スピーチ代行などを行うと+αのオプション料金が発生するそうです。スピーチとかすごすぎてやばい。。。笑 もう本当にそういう人がプロなのでしょうかね。

当たり前ですが、当日受け付けで渡すご祝儀については最初に支給されますので、ご安心ください。

こんなサラリーマンに向いてる。

サラリーマン副業

  • 存在感が薄い笑
  • 口が堅い(以来の内容などは公害NG)
  • マナーや振る舞いがしっかりとしている人

基本的には難しい話ではありません。逆に呼ぶ側として想像したときに「すごい奇抜な格好」「存在感がすごすぎてあの人誰?とかなる」「他の参列者に迷惑をかける」などする代行者は絶対イヤです。そう考えると上記の3点は非常に大事です。

サラリーマン×副業で友人代行を行うメリット

paks_bistrobb-thumb-autox1600-15662

時給換算で効率的

上記に書いてあるように1回6,000円から10,000円強ですが、こちらは1回あたりです。つまり披露宴(3時間から長くて5時間)でしょうか?その時間で換算するとほぼ確実に1,000円以上は超えます。そう考えると他のコツコツ系の副業よりも即金性はありますね。

日給以外にもご飯とお酒が飲める

当たり前ですが、結婚式に参加するんですから、本当の友人や親族のようにご飯のフルコースからお酒の飲み放題など自由に飲み食いできます。サラリーマンとしてお小遣いを切り詰めて生活し、副業もしている人にとっては非常に大きいとも思いますね。結婚式の料理にはお金をかけるんだってカップルも多いので、楽しみにしてたください。

存在感を消す、目立たないことに徹するだけで特に何もすることがない。

まぁ目立たないことが正解という世界ですからね。何も特別なことはしないということが求められます。つまり目立たず平然とし、ご飯を食べ、お酒を飲み、スライドショーやスピーチを見ているだけです。逆に知らない人たちの中で平然を装い、仮の友人のスピーチに感動(しているフリを)するというハードルはサラリーマンの方にとっては少し高いかもしれません。。。

サラリーマンが副業として結婚式代行に応募するならここらへん

一旦Googleを調べただけでばーっと出てきますが、サイトを見ている感じ依頼が多そうなのを列挙しましたので参考にしてください。※SEOで上位なものやHPがキレイなど一般のお客さんから選ばれてそうな雰囲気なので、適当です。笑

ちょっとこれやってみようかなぁと思っているので、もし僕がやってみたらまたレポートしますね!