みなさんビジネスマッチングという言葉をご存知でしょうか。「ビジネス」を「マッチング」させるという言葉通りの意味で、少し壮大にはなると思いますが、2つ以上の企業をマッチングさせて、双方がメリットになる仕組みづくりをビジネスマッチングと言ったりします。

身近なところで言うと銀行もこのビジネスマッチングを行ったりしています。特に地方銀行などはこういった動きも積極的に行っている企業も多いようです。銀行は法人にお金を借りてもらうことが仕事の一部です。企業は事業を大きくするために投資をしようとしたり、設備投資をしようとするとその資金を銀行の融資を受けたりするため、結果銀行がお金を貸せることになります。その投資意欲や事業拡大をさせるためにビジネスマッチングを行っています。

やっていることは単純でいわゆる紹介+コンサルです。相性が良さそう、シナジーがありそうな企業を紹介して、その事業をコンサルティングをしたりするそうです。

サラリーマンが副業でやるには

yota82_akusyuwomotomeru15123614_tp_v

よくよく考えるとレベルの高いコンサルティングやお金を融資することはできませんが、私達サラリーマンでもお客さん同士を「紹介」することは可能ですよね。

例えば広告系の営業をされている方であれば結構業種を超えた企業様を担当していらっしゃることも多いかと思います。お客様の中で「コピー機を買おうとしている企業」と「コピー機を売りたい企業」を繋いだり、「金属加工の設備やノウハウはあるのに仕事が少ない企業」と「アイディアや販路はあるのに金属加工をするべがない企業」を結びつけたりすることも可能ですよね。

コツとしては常にニーズや会社がどんなことをしようとしているのかなど自分の営業している商品周りの情報収集だけでなく、会社全体に対するヒアリングが非常に重要になってきます。それはただの顔つなぎかもしれませんし、もしかしたらあなたも加わって新しいプロジェクトを立ち上げたりすることもあるかもしれません。

サラリーマンが副業としてビジネスマッチングを行うメリット

87d8bd81bfa67be6197ef62a1778a82f_m

1.契約に対する紹介料

これはわかりやすい話ですね。「営業がいなくて困ってんだよね-」などの悩みを抱えているのであれば明るく「僕の周りのお客さんに紹介するんで決まったらお小遣いくださいよ(笑)」でもいいと思います。紹介料をもらうにはちゃんと紹介手数料とかを予め決めておいた方がいいですよね。

2.○○会社の営業さんからあなたを一人の頼りある人として認めてもらえる

あなたはお客さんからどう見られているのか、どう呼ばれているのか考えたことありますか?大半の方ややりはじめのころは○○社の営業の人と呼ばれがちだと思います。こういう言い方が正しいかはわからないですが、「あなた」から買いたいよりも「○○社の商品だから」取引している企業も多いのが現実。そこでビジネスマッチングや商材の

3.その紹介が後に成功したらあなたにもなんらかの形で戻ってくる。

こちらはあなたの職種や業種によっても違うかもしれませんが、何かしらを得られるでしょう。もしかしたら美味しいご飯かもしれないですし、紹介料としてお金を頂戴したり、はたまた事業が成功して規模が拡大するからあなたの会社との取引をふやしてくれるかもしれません。そうすれば本業外のことをやりながらもサラリーマンとしての本業の評価も上がるでしょう。新しいコピー機の導入だったり、オフィス用品全部任せてくれたり、新商品の広告をコンペ無しで発注してくれたり。

最後に

oy151013249932_tp_v

サラリーマンで、特に営業ですと朝も早く、夜も遅い、日中は外出も多かったりとなかなかサラリーマンをしながら+αで副業をすることは体力的にも難しいと思います。

今回ご紹介、ご提案させていただいた副業(といえるのか)は日々の営業活動の延長線として働けるため別途多大な時間を使う必要もありません。トライしてみれば顧客との関係性が構築され本業としても成果が出やすくなりますし、もしかしたら収入としても返ってくるかもしれません。

是非目の前のお客さんはどんなことに困っているのか、自分の商売周りだけでなくアンテナを高くヒアリングしてみてください。