今回も勝手に副業のビジネスモデルを考えてみました概要はそのまま「スーツケースをレンタルで安く活用できる」サービスです。正直なところ法人としてしっかりレンタルしている会社は既に何社もありますが、副業・週末起業としてもおもしろいんじゃないかなぁと自分の頭を整理しながら記事にさせてもらいます。

スーツケースいくつもってます?それ、年に何回使います?

rimowa___topas

http://www.rimowa.com/ja-jp/

結局のところ困りどころというか、副業・週末起業で解決したいポイントはここです。みなさんサラリーマンの方であればスーツケースは1,2個はお持ちかと思います。出張にしょっちゅう行く人は年どころか月に何度も使うかと思いますし、私もサラリーマン時代宿泊出張が多かったので週に2回ほど使っていました。スーツケースは旅行・出張のときに便利なものの、以下の弱点があると思っています。

  • 年に何度も使う機会がない。
  • タイミングによって必要なサイズが全然違う。
  • 収納スペースの幅をとる。
  • しっかりとしたものは価格が高い。

スーツケースをそんなに使わないサラリーマンの方は特に思うことが多いいんじゃないでしょうか。たまの出張や旅行に行くときにスーツケース使おうと思ったら、今持っているスーツケースに入らない(もしくは大きすぎる)、買おうと思っても結構いい値段するし、収納スペースにこまる。。。これを解決する副業・週末起業です。

そんなためにあるスーツケースレンタル業者

スーツケースレンタルのアールワイレンタル

スーツケースレンタルのアールワイレンタル

スーツケースレンタル業者さんって結構いるんです。この副業・週末起業アイディアを考えたときに初めて知りました。Googleで検索するとだいたい1ページ目に表示されるのは業者(法人)さんですね。ぱらぱらと見ていると結構高いんですよね。法人なのである程度の利益を取らないとやっていけないのでどうしても価格が高くなるんですが、2泊で4,000円とか5,000円とかかかります。

スーツケースレンタル事業者の現在の弱点

yuuki150321490i9a4375_tp_v

そもそも「スーツケースを借りれる」という選択肢があることを世のサラリーマンの人たちってあんまり知らないと思うんですよね。だからまず使いたいとも思わない。なので、法人は頼みのGoogleで「スーツケース レンタル」で検索した人に対して多くの広告費を支払います。知っている&検索する人は少ない中、その狭い市場でしのぎを削るわけです。

そして、2,3泊で4,5千円は高いですよね。

サラリーマン副業でスーツケースシェアをどう実施するか

副業・週末起業でやるとしても、まず2,3泊で4,5千円というのはシェアリングサービスにすれば価格優位性は実現できそうな感じですよね。ではレンタル事業者も抱えている悩みをどう解決するかでいうとスーツケースのもう一つの課題「収納スペースがない。」を同時に解決しながらユーザーを集めていくのはどうかと思います。スーツケースを使うシーンは年に1,2回でも、スーツケースが眠っている時間は1年のうち350日くらい。その分広告で訴求することでニーズはつかみやすくなるはずです。ネットで注文したら専用のダンボールが送られてきて送るだけ、使うときにネットで出荷依頼してもらったりと。

そのなかで、「スーツケースを借りることもできる」というところに気づければ、スーツケースを利用するシーン(預けているスーツケースを出す)ときにこのスーツケースじゃサイズが合わないから他のを借りよう、とつながっていくわけです。スーツケースを保管しておくのにもユーザーから少額の保管料をもらい。貸し出すときにもユーザーからお金をもらう。その分スーツケースの持ち主にはマージンが入るのような副業・週末起業ビジネスモデルはどうかなぁと思っています。

が、デリバリーの面やら保管場所やらはハードルが結構高いなぁと頭を悩ませ実現させず。是非保管場所とか確保できるかがいれば是非副業・週末起業チャレンジしてみてはいかがでしたでしょうか。