みなさま新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

今年は4,5日が仕事はじめの方が多かったのでは思いますが、できるだけ毎日書くというこちらのブログは今日が初更新となってしまいました。年末年始も軽く仕事をしていたのですが、代表が海外に行っていることもあり年始からイレギュラー業務も多く結構バタついていました。言い訳です。

さて、新年といば「今年の抱負」「今年の目標」は様々なシーンで聞かれますし、自分自身でも立てていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。私も2016年の終わりから生活環境、仕事環境もガラッと変わって、2017年からは本当に新しい人生になるので、いろいろと考えておりました。

新年に立てた目標は達成が難しい

しかし、世間的には定番で「今年の目標」を立てますが、ちゃんと意識して達成した人って少ないのではないでしょうか。といいますか、そもそも今年の目標自体を忘れてしまっている人が多いとお思います。そこで、今回は自分自身の勉強を兼ねて、達成するため新年の目標の立て方のポイントをご紹介します。

なんで新年の目標を立てることが良いとされているのか

目標を立てるだけではもちろん意味が無いのは置いておいて、目標を立てると瞬間瞬間で自分は何をすべきかが明確になることが大きな意味になると私は考えています。ダイエット一つにとっても体重を落とすことに対してしっかりと目標を達成しようとしている人は、美味しいケーキ屋さんの前を通っても歯を食いしばって我慢しますが、特に「痩せたいなー」となんとなく思っている女子は雑誌で見たパンケーキ屋にわざわざ電車に乗って、列を作って太って帰ってきます。

つまり目標を立てることによって日々の行動基準や判断軸が整理され、自ずとあるべき姿やなりたい姿に近づいていくわけです。もちろん目標を立てる方法やコミットすることは重要です。

新年の目標を達成するためのポイント1:その目標に納得感はあるのか

個人的に営業をやっていて納得感は非常に重要なポイントだと思っています。納得感は僕なりに解釈すると「目標を達成する意義を自分で理解している・達成したい目標」「現実的に到達可能性ギリギリのポイント」だと思っています。

目標を達成する意義について理解している・達成したい目標というのは当たり前のように書いていますが、ようするに「本当に達成したい目標なのか」ということです。なんとなく新年の朝礼で言っちゃう「売上1位目指します!」とか、大して危機感ないけど「今年は禁煙しようかな〜」などなんとなく達成したい目標では納得感を持って日々の我慢や+αの行動には結びつきません。

もう一つの到達可能性ギリギリのポイントとは、自分がなんとか頑張れば達成できるのはないか、というギリギリのラインです。例えばフルマラソンをしたことない人が2時間30分!なんていっても自分自身難しいとはっきりわかっているような無茶な目標はやめたほうがいいということです。一方で、運動は苦手だし、ここ10年位運動なんてしたことないけど、年末のハーフマラソンを完走しよう。などなかなかしんどいけど、自分にとって頑張ればいけるレベルの設定を置くことが大事です。

新年の目標を達成するためのポイント2:目標の数値化と逆算

これはピンとくるのではないでしょうか。新年の目標の立て方としての数値化とは「期日」と「ゴールの具体的な数値」です。つい1年間という長いスパンではだらだらと時間が過ぎてしまい、気づいたら取り返しの付かないことになっていたりもします。

「期日」は「いつまでに」ということです。これは年末まででもいいですし、何か日があるのであればそれまででも問題ありません。大事なのは目標の期日を決めることです。そして、その期日までに何をいくらにするのか、という数値化、具体化です。つまり「痩せる!」→「10kg体重を減らす」「貯金をする」→「300万貯金する」「売上増やす」→「1億にする」といった感じです。単純ですが、非常に重要です。

そして、ここから「目標数値」を「期日」までに達成するために逆算を行っていきます。ある目標を1ヶ月の努力で達成する1年の目標の立て方はそもそもふさわしくないですが、1年間でどんなペースで進んでいくかが重要です。

つまり年内12キロダイエット!であれば毎月1キロですし、120万貯金!であれば10/月の貯金で達成できます。こういった長期の目標を短期に落とし込むことでより日々の行動指針が定まり、目標達成に近づきます。

新年の目標を達成するためのポイント3:細分化して、行動ベースに落とし込む

さて、納得感のある目標を立て、期日と明確なゴールを定めたらあとは実施するのみです。ですが、「ダイエットする。ダイエットする」と毎日念仏を唱えていても行動が変わらなければ意味はありません。最終的に大事なのはどうやって達成するかです。それがより具体的な物のほうがより目標達成しやすくなります。例をあげると

ダイエットなら、毎日朝ごはんを食べる+夜は8時以降食べない。お菓子はもらうのはOKだが自分で買わない。運動する。とか、営業であれば、「毎日1時間作って、電話がけをして見込み顧客を増やす取り組みをする」とか、「提案の前に知見のある先輩に必ずフィードバックをもらう」とかとか。営業は業種によって打ち手も変わるので難しいですが、その目標を達成するために日々どういうことをすればいいのか、予め決めて置くことが必要です。もちろん効果がなかったら、達成するための手段を日々磨いていくのはOKです。

最後に:おまけ

新年だし、新年の目標の立て方とかブログで書くかなーと思っていましたが、3/4くらい書いて自分の首を締めていることに気づき全部消しそうになりました。実はこの最後のもう1点目標の立て方&達成の仕方のコツは他人に宣言することです。早速自分自身で実践しておりますが、身近な人に言うとか、嫁に宣言するとか怖い上司に宣言するとか、ブログやFacebookで書くとかですね。そういうことをですね、自然にやっておりました。

さて、今年1年頑張っていきましょう。