電車の中吊り広告、街中の看板、東京ドームの看板などインプレッションをメインにした広告媒体を街中でよく見かけます!

でもどこでも走っている自動車(自家用車や営業車)にはたくさんのスペースがあるにも関わらず、全く有効活用されていないなーとちょっと思い、全くビジネス設計ができていないのですが、記事にしてみました!

興行用のF1のレースカーにはたくさんの広告が貼られているので、それを一般車にも適用させると自動車を保有している人にも金銭的なメリットがあるし、広告主も電車の中吊り広告などの広告媒体と同様の宣伝効果はあるのかと思います。

昔はかっこいい車を所有することが1個のステータスだったかと思いますが、最近の若い人たちは車へのこだわりが昔と比べてだいぶ無くなってきていると思っているので、保険料が安くなるなど金銭的なメリットを享受できれば広告掲載もしてくれるのでは!?とも思っております。

広告主のデメリットとして、自分たちが掲載してもらった車が事故を起こしたなどのトラブルがあった時が面倒かと。。。

解決策として、下記スマートドライブ社が提供しているデバイスを搭載し、1ヶ月のデータをとり合格した車のみに広告掲載の許可を下ろすなどで回避までは行きませんが、リスクを抑えることはできるのかと思っております。

https://www.smartdrive.co.jp