久しぶりにこのネタ来てんじゃね?と思っております。もしかしたら既にあるかもですが。地方在住カメラマンは旅同行カメラマンをやるのはどうですか?というご提案です。

いやいや需要あんの?と思うかもしれません。おそらく今までのカメラマンさんは基本的に会社の物撮りからパンフレット用写真、営業用写真などのB2B向けカメラマンと、婚礼や七五三などのイベント系のC向けカメラマンのお仕事が多いと思います。

でも今というか少し前からカメラマンのビジネスチャンスの流れが変わってきているのではないかと思います。それはInstagramです。

インスタジェニック!

Instagramについてみなさんはご存知だと思いますので、説明は省かせていただきます。最近JK,JD,モデル,OLつまり若い女性達の中で話題の言葉「インスタジェニック」という言葉をご存知でしょうか。

インスタジェニックとはいわゆるフォトジェニックをもじった言葉で、インスタ映えするスポット・写真のことです。今や女性陣のインスタへの執着は目をみはるものがありまして、男からすると、え?なんで?というようなモチベーションを持っています。私もテレビや雑誌、周りの女の子から収集したインスタ熱の事例をさらっとご紹介

  • Instagramのために、2時間並んでパンケーキの写真を撮る。食べるよりも撮るために
  • Instagramのために、遠い場所まで行き写真を撮って帰る
  • Instagramのために、何枚も何枚も写真を撮る
  • Instagramのために、おしゃれなカフェに行き、あたかも友達ときているかのごとくスムージーを2つ注文してパシャリ
  • Instagramのために、食べたいものではなく、インスタ映えする食べ物を注文しパシャリ
  • Instagramのために、部屋にマッチしそうなクソ高い家具や照明を買う

もうね、男からしたら信じらんないですよ。そのうち彼氏を作る基準がインスタ映えするか否かも基準にはいってきますよ、まじで。

一旦引くのは置いておいて、これってプロのカメラマンにとっては非常にビジネスチャンスだと思っています。

Instagramのブームはプロの腕を持っているカメラマンに追い風にもなる

今はあらゆる角度や加工の工夫で何とかなっていますが、それを頭1つも2つも飛び越せるのがカメラマンの腕や一眼レフで撮った感だと思います。それなら地元のインスタ映えするインスタジェニックな写真を投稿し続ければ女子はそこに行くわけですよ。その時にそのインスタを撮った人に1日なり半日なり同行して撮影してもらえるとなったらお金を払いそうじゃないですか?1回3万円くらい。Instagramのために地方まで来ているんですから。

写真に対してプライドや誇りを感じていらっしゃる人にはどう思われるかわからないですが、結構需要あると思います。

インスタジェニックを軸にした旅行&プロカメラマン同行プランを探せるプラットフォーム、作りたいです。

ここまで来たらお伝えしたいことはお分かりになるかと思いますが、もうひたすらInstagramの写真を掲載しまくるサイトを作って、垂れ流しに。そこに行きたくなったらそこの写真家の人や旅行先を斡旋するようなしくみを作りたいですね。お金はどこで撮るかわからないですが、掲載料よりもマッチング料の方が僕はやりたいですね。

おそらく今の女性たちは温泉!歴史!景色!観光!というよりもInstagramなんですよね。きっと。この景色をみたい!ではなく、この景色に写っている私インスタにあげたい!何だと思います。

どなたか一緒にやりませんか?